中国式産み分けカレンダー

中国式産み分けカレンダーって当たる?当たらない?確率や根拠って?

中国式産み分けカレンダー

私は現在36歳で3人の子供がいます。

 

結婚した当時から「絶対に女の子が欲しい」と思っていたのですが、ママ友から「中国式産み分けカレンダーがすごい当たるよ」って言われたのをキッカケに、中国式産み分けカレンダーでの産み分けを始めました。

 

でも、一人目も男の子、二人目も男の子という結果に。。。

 

もちろん、無事に生まれてきてくれただけで感謝なのですが、産み分けとしては失敗でした。

 

1人目の時は「まあ当たらないこともあるよね」と思って自分を納得させましたが、2人目も男の子と分かった時にはすごくショックでした。

 

体力的にも経済的にも、「3人目が最後」という思いがあったので、「次はどうしても女の子が欲しいという気持ちしかありませんでした。

 

中国式産み分けカレンダーをやめてピンクゼリーに変えてみた

中国式産み分けカレンダー

1人目も2人目も産み分けができなかったので、中国式産み分けカレンダーを使うのをやめました。

 

ネットでいろいろ調べたり、他のママ友から情報収集したりして、最終的には以下の3つを実践することに決めました。

 

排卵日2日前に性行為をする
定期的に性行為をして精液を薄める
ピンクゼリーを使う

 

1つめと2つめは、ネットなどで良く言われている内容ですが、ピンクゼリーに関しては別のママ友から「うちはピンクゼリーで女の子が産まれたよ」って言われて、試してみることにしました。

 

成分とかも心配だったんですが、調べてみたら、「ピンクゼリーの産み分けは、産婦人科で行っている産み分けと同じ仕組み」って書いてあって、安心しました。

 

ピンクゼリーは種類がいくつかあったのですが、そのママ友に教えてもらったものが良さそうだったので、私もそれにしました。

 

 

 

「女の子が欲しい」という念願がついに叶った!

中国式産み分けカレンダー

(↑実際に私が買ったものです)

 

ピンクゼリーは、思っていたよりも全然使いやすかったです。

 

その後、無事に妊娠はしたのですが、性別が分かるまで本当にドキドキでした。

 

6ヶ月過ぎての検診で、ついに「女の子ですねー」と言われ、診察室では涙をこらえましたが、帰りの車の中で嬉しくて泣きました。

 

旦那も最初は、「まあ健康に産まれてくれば、どっちでもいいけどね」なんて言ってましたが、いざ女の子と分かると、私の涙にもらい泣き。笑

 

あの時、中国式産み分けカレンダーじゃなくて、ピンクゼリーに変えて、本当に大正解でした。

 

まとめ

今となっては「中国式産み分けカレンダーって何だったんだろう」という感じです。苦笑

 

もちろん、うまくいく人もいるので、完全否定したいわけではありません。

 

ただ、私が中国式産み分けカレンダーに振り回されたのは事実です。

 

なので、もし私が知り合いから「産み分けをしたい」っていう相談を受けたら、私は間違いなくピンクゼリーのほうをを勧めます。

 

もちろん、中国式産み分けカレンダーは難しいことでもないので、同時並行で参考にするのは全然構いません。(それだけに頼るのがおすすめできないだけで)

 

もし、以前の私と同じように、
・中国式産み分けカレンダーってどうなの?
・上手く産み分けできなったんだけど
って思ってる人がいたら、ピンクゼリーも検討してみるといいと思います!

 

中国式産み分けカレンダー

≫ピンクゼリーの公式サイトはこちら

 

産み分けゼリーをいろいろ比較してみたよ!

中国式産み分けカレンダー

産み分けゼリーって最近すごく話題になってますよね。

 

仕組みとしては、膣内をアルカリ性や酸性にコントロールすることで、希望した性別の子供を妊娠しやすくするという感じです。

 

ちなみに、産婦人科で行われている産み分け方法と同じ仕組みです。

 

産み分け成功率も80%というデータもありますからね〜。

 

実際に私も、中国式産み分けカレンダーでは成功しなかったのに、産み分けゼリーを使ったことで待望の女の子を妊娠することができました。

 

ただ、産み分けゼリーにもいろいろあるので、どれを使ったらいいか分からない場合も多いと思います。

 

そんな方のために、私が調べまくった情報をまとめてシェアします!

 

私のオススメ順に紹介しますので、比較する時の参考にしてみてください。

 

産み分けゼリーのおすすめランキング【厳選3選】

今、日本国内で購入できる産み分けゼリーの中でも、特に売れている3商品を比較してみました。

 

まずは簡単に比較表でまとめると、こんな感じです↓

商品名 ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビー
容器サイズ ちょうど良い 大き過ぎる ちょうど良い
ゼリー粘度 ちょうど良い ベタつく 少しかたい
1箱の価格 14,800円 13,800円 12,800円
1箱の本数 10本 7本 7本
1回分のコスパ 1,480円 1,971円 1,828円
返金保証 あり あり なし
管理医療機器 認定 認定なし 認定なし
総合評価 ★★★★★ ★★★ ★★

 

では、それぞれについて、詳しく紹介しますね。

 

中国式産み分けカレンダー

 

ピンクゼリーの特徴

★産婦人科医が共同開発
★安全性が高い「管理医療機器」として認証された産み分けゼリー
★特許を取った独自開発の容器なので使いやすい
★2個以上のまとめ買いで葉酸サプリがプレゼントされる
★余ったピンクゼリーを買い取ってくれる(1箱10,000円)
★1本あたり1,480円で1番コスパがいい

 

私なりの感想

私が実際に使ったのがこのピンクゼリーなんですが、もともと知り合いのママ友に勧められて、自分でも調べた結果、これにしました。

 

何より、産婦人科医が共同開発しているということで、安全面と効果面で信頼できそうで選びました。

 

あとは、1本あたりが安くてコスパがいいことと、余った分を買い取ってくれるところもとても親切に感じました。

 

効果に関しては、実際に私の場合は、女の子の産み分けに成功しています。

 

ただし、この会社はピンクゼリーしか販売していないので、男の子が欲しいという方は使えません。

 

ピンクゼリーの公式サイトはこちら

 

 

中国式産み分けカレンダー

 

私なりの感想

ベイビーサポートも、タンポン上の形で簡単に使えます。

 

産み分けゼリーの中でも良い商品だと思うのですが、容器が若干大きいのと、ゼリーがベタつく感じがあるので、多少使いづらさがあるかもしれません。

 

また、コスパがそんなに良くなくて、1回分の料金がピンクゼリーと比べると500円くらい高くなっています。

 

ただ、ピンクゼリーと同じく、余った分を買い取ってくれるサービスがあるのは良いですね。

 

ベイビーサポートの公式サイトはこちら

 

 

中国式産み分けカレンダー

 

私なりの感想

ハローベビーも上記2つと同じくタンポン状で、手軽に使えます。

 

容器のサイズもちょうど良いくらいで、スッと入れやすいのですが、それ以外では、これといった大きな特徴はありません。

 

可もなく不可もなくという感じなので、特にハローベビーを選ぶ必要性はないかな〜という感じがしました。

 

ハローベビーの公式サイトはこちら

 

 

という感じで、以上が特に売れている3商品なんですが、いろんな観点でトータルで見て、ピンクゼリーが個人的には1番オススメですね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

page top